前のページ
TOP
次のページ

シーズンに合わせたヘアスタイル

季節に合わせたヘアスタイルってありますよね。
年中同じ自分スタイルといった方も居ますが、ファッションと同じようにやっぱり季節に合わせてヘアスタイルも楽しみたいと思います。

▶スポンサーリンク

春のヘアスタイル

春と言えば卒業式・入学式ですよね。
温かい日差しになり1年で特に過ごしやすい季節が春ではないでしょうか。

春になるとイメージチェンジをされる人が多いです。
衣替えと同じようにヘアスタイルも変える女性は多いですね。

冬の重たいヘアスタイルから少し軽く、温かみのあるヘアスタイルに変えます。
そこで注目したいのは春のヘアカタログです。

春のヘアカタログ

春のヘアカタログにはゆるいパーマが掲載されているこが多いですね。
カラーリングはピンク系だったり淡いオレンジ、キレイなブラウンが流行しますね。

ヘアスタイルで自分のイメージが大きく変わりますから季節に合わせて自分のイメージを変えてみるのもいいのではないでしょうか。

春のヘアカタログに掲載されている流行スタイルを紹介しましょう。

ストレート

春のストレートは冬のストレートとは少し違って髪が軽く見えるレイヤースタイルが多いです。
毛先を巻き気味に仕上げたスタイルなので巻き髪にするには最適なですよ。
またシャンプーやトリートメント剤は髪質や髪型に合わせたものを使うといいでしょう。

パーマ

春のパーマで断トツに多いのはゆるいパーマです。
ゆるいパーマは髪が柔らかく見えるのがポイントです!
一方、デジタルパーマはウェーブがくっきりしているのでソフトな感じの水パーマがオススメですね。

このパーマ、カット技術でスタイルが決まってしまいますから信頼できる美容師さんに仕上げてもらった方がいいかもっ!

レングス

ヘアアイロンなどでアレンジするスタイルの定番と言えば、ふわゆるの美しさが引き出される長さのレングスですね。
これは春の定番ですっ!

春は卒業式、入学式、入社式など行事がたくさんある季節でもあります。
こんなときにはスーツを着て出席することが多いですよね。
スーツの色やスーツスタイルにあったヘアスタイルで春を彩りましょう。

▶スポンサーリンク

夏のヘアスタイル

夏になれば花火や海、お祭り、浴衣、水着、など色々なものが連想できますよね。

夏の行事とヘアスタイルに共通点があるのをご存知ですか?
夏といえば暑いし少しでも涼しい所や涼しさを求めてしまいますよね。
氷や水はとても涼しいイメージがあり見ているだけでも気持ち、涼しくなったような気がします。

夏のヘアスタイルも長い髪を下ろしていると暑く見えますが、まとめていると涼し気ですよね。

夏のヘアスタイルの定番はショートカットです!
またロングヘアの人はレイヤースタイルが多いですね。

カラーは小麦色に焼けた肌に似合うカラーは明るい色です。
ライトブラウン・マット・アッシュ系のカラーはここ数年夏の定番カラーと言ってもいいでしょう。

また浴衣や水着を着る機会が多い夏にはアップにする女性が多くなりますよね。
浴衣は夏にしか着ませんからヘアアレンジもできて楽しみですね。

夏のヘアカタログ

夏のヘアカタログには浴衣のヘアスタイルアレンジ方法や特集として紫外線対策のヘアケア商品の紹介もされています。
夏に浴びた紫外線はしっかりケアしないと後々、シミやくすみ、シワの元となりますからしっかりケアしましょう。

夏のヘアカタログに掲載されているヘアスタイルを紹介しましょう。

ミディアムスタイル

レイヤースタイルは毛先の軽さをアピールしてくれますからとても人気があります。

ショートスタイル

ショートスタイルはスッキリと涼しげな印象をアピールできますね。
サイドとトップに動きを出したスタイルにフェイスラインやトップにハイライトを入れてヘアスタイルの動きを強調してくれます。

このように夏の定番のヘアスタイル、カラーがありここ数年はそんなに大きな変化はありません。
夏には野外での行事が多いので紫外線対策はしっかりしておきましょう。

秋のヘアスタイル

秋はオシャレを楽しむ季節です。
暑い夏から開放されて過ごしやすくゆっくりとした時間を過ごすことができるのって秋ではないでしょうか。

秋のヘアカタログ

秋のヘアカタログにはクラシックやトーンダウンのスタイルが多く掲載されています。
夏は軽いイメージのヘアスタイルから秋になるとシックな感じでヘアスタイルも重たくなります。

夏は紫外線をたくさん浴び、髪にダメージを受ける人が多いですよね。
秋にはダメージを受けた毛先をカットしたりとアフターケアに駆使する日々を送った経験がある人もいるでしょう。

秋には女性らしさをアピールしたクラシックなスタイリングが多いです。

カラーはオレンジやレッド系で温かみのある色が多いですね。
秋のファッションに合わせてヘアカラーも変わります。

カラーは夏から秋に一気にトーンダウンする人はあまりいません。
夏に明るいカラーだったのなら秋に少しトーンダウンをすることで冬のベースができるわけです。

秋のヘアスタイルはロングやショートのいずれにしても、髪全体を軽くしたりするのではなくポイントで軽さを出しているのが特徴です。
前髪、フェイスラインなどで重たい感じに仕上げます。

秋のヘアタイルの特徴を紹介しましょう。

ショート

ショートスタイルはボリュームを抑えたストレートスタイルで、カラーは暖色で個性をアピールします。

ミディアムスタイル

ミディアムスタイルはボリュームを出したパーマとレイヤーのストレートが多いです。
ブラックなどのポイントカラーでオシャレに仕上がります!

ロングスタイル

ロングスタイルならセミロングでさわやかなイメージにしましょう。
パーマでボリュームUP!
前髪でイメージチェンジをするのもポイントです。

秋のヘアスタイルは髪全体ではなく、髪のポイントでオシャレ度UPですね。

冬のヘアスタイル

冬になれば寒いので温かくなりたい!と思うのはあたり前ですよね。
冬になると首元が寒いので軽いスタイルをしている人は少ないですね。

このように冬には冬のヘアスタイルがあるのです。
ここで注目したいのは、冬のヘアカタログです。冬はクリスマスなどイベントが多くなるシーズンでもあります。

冬のヘアカタログ

パーティーヘアやヘアアレンジが記載されているカタログが多いです。
では冬のヘアカタログはどんなことが記載されているのか紹介しましょう。

カラー

カラーは夏に比べると重い色になりますね。
バイオレットやチェリーなどの色が多くなりトーンは6~8くらいで落ち着いた色にする人が多いですね。

パーマ

パーマは夏に比べるとかなりゆるめのパーマになります。
ふわふわ感が前に出ているパーマが多いですね。

ショートでもパーマをかけて重たいイメージにされる人もいます。
ミディアムスタイルはボブまたはグラデーション、レイヤースタイルになりますね。

しかし冬だとシックにまとまった感じで軽さを強調するスタイルとは違います。
ロングヘアはストレートではなくパーマが圧倒的に多いですね。

このように冬のヘアカタログを見ていると寒さ対策?という感じもしますね。
温かいイメージを与えるヘアスタイルが多くなります。

冬になったからカラーの色を変えるという人は多いですよね。
冬でも軽いイメージにされる人もいますが、個性もありますからね。

▶スポンサーリンク
ヘアカタログの基礎知識
子どものヘアカタログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ヘアカタログの基礎知識
子どものヘアカタログ

関連記事一覧

女性用かつらやウィッグのよくある疑問

女性にとって髪は命、おしゃれをするには絶対的に重要ですよね。 ツヤがあり、サラッとしなやかな髪は女性を美しく演出してくれます。 そんなおしゃ...

薄毛対策にはこれ!人気の商品

薄毛の悩みは男女問わず深い悩みなので、その対策商品も色々あります。 シャンプーや頭皮マッサージっグッズといった簡単なものからサロンでエステの...

何代別ヘアカタログのいろいろ

ヘアスタイルも時代とともに変わるもの。 その当時のヘアスタイルをチェックしてみましょう。 Contents80年代のヘアカタログ明星ヘアカタ...

着物専用ヘアカタログ

着物を着る機会ってなかなかないですよね。 結婚式や入学式、卒業式など特別な日に着ることは多いのですが、ヘアスタイルに困りますよね。 美容師さ...

効果的にトリートメントを使っていますか?

髪の毛はシャンプーとコンディショナーで済ませていませんか? ちゃんとトリートメントはしていますか? トリートメントを効果的に使う方法を紹介し...