Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/bps/kamiblog.net/public_html/wlog/wp-includes/post-template.php on line 284
前のページ
TOP
次のページ

女性用かつら・ウィッグのベースにどんなタイプがあるの?

かつら・ウィッグのベース

女性用かつら・ウィッグには必ずベースがあります。

ベースとはかつら・ウィッグの裏側で直接肌に触れる部分のことですね。
ここに毛を植えていき『かつら・ウィッグ』となるのです。
女性用かつら・ウィッグの基盤となる素材で大切な部分のことです。

このベースにもいろいろな種類がありますので紹介しましょう。

▶スポンサーリンク

ネットベース

ネットベースとは網目状に織った繊維のことです。
色や網目の幅や軽さはメーカーによって違いがあります。
ネットベースは軽いのですぐに傷むんじゃないか…と思われがちですが耐久性は劣るということはありません。
ただし取扱うときには優しく扱わないと傷つきますので毎日のお手入れは忘れずにしましょう。

▶スポンサーリンク

スキンベース

スキンベースのスキンとはポリウレタンやシリコンといった樹脂でできている素材のことです。
皮膚とよく似ていますね。

使い方は皮膚らしさを必要とする『分け目』だけに使用します。
スキンベースのメリットは皮膚っぽさが出せるということですが、デメリットとしては毛が抜けやすいことや通気性が悪いということがあります。
通気性が悪いために蒸れてしまうので、『分け目』だけに使用することが大半ですね。

貼り付けるタイプのベース

最近とても注目されているのがこの貼り付けるタイプのベースですね。
CMなどでもやってますよね。

とても薄いネット・スキンベースで出来ているので主に『生え際』『髪の薄いところ』に使用します。
見た目は自然さが売りな部分もありますから、皮膚とベースの境目が目立たないのでとっても自然ですよ。
ただ通気性はやはり良くないですね。

この貼り付けるタイプはメーカーによって違いはありますが、使い捨てで6ヶ月~1年間使用できるものもあります。

▶スポンサーリンク
女性用かつらの値段ってどのくらい?
かつら・ウィッグ業界から見るかつらメーカーは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

女性用かつらの値段ってどのくらい?
かつら・ウィッグ業界から見るかつらメーカーは?

関連記事一覧

薄毛対策にはこれ!人気の商品

薄毛の悩みは男女問わず深い悩みなので、その対策商品も色々あります。 シャンプーや頭皮マッサージっグッズといった簡単なものからサロンでエステの...

薄毛や抜け毛の原因

現在の日本では、薄毛・抜け毛に悩んでいる人が1200万人以上いるといわれています。 確かに薄毛・抜け毛に関しては髪の毛があるときには気にはな...

着物専用ヘアカタログ

着物を着る機会ってなかなかないですよね。 結婚式や入学式、卒業式など特別な日に着ることは多いのですが、ヘアスタイルに困りますよね。 美容師さ...

自分は薄毛?脱毛症?タイプをチェック

自分は薄毛なのかどうか微妙だなぁ~と、お悩みの方に自分でできる薄毛のチェック方法を解説してみましょう。 楽観的に自分はまだ大丈夫と思いこんで...

ヘアカタログ専門用語講座!

ヘアカタログを見ていると何やら難しい専門用語が載っているときがありますよね。 こんなとき聞きなれない言葉だから特に、わかりにくく感じてしまい...