前のページ
TOP
次のページ

女性用かつら・ウィッグのベースにどんなタイプがあるの?

かつら・ウィッグのベース

女性用かつら・ウィッグには必ずベースがあります。

ベースとはかつら・ウィッグの裏側で直接肌に触れる部分のことですね。
ここに毛を植えていき『かつら・ウィッグ』となるのです。
女性用かつら・ウィッグの基盤となる素材で大切な部分のことです。

このベースにもいろいろな種類がありますので紹介しましょう。

▶スポンサーリンク

ネットベース

ネットベースとは網目状に織った繊維のことです。
色や網目の幅や軽さはメーカーによって違いがあります。
ネットベースは軽いのですぐに傷むんじゃないか…と思われがちですが耐久性は劣るということはありません。
ただし取扱うときには優しく扱わないと傷つきますので毎日のお手入れは忘れずにしましょう。

▶スポンサーリンク

スキンベース

スキンベースのスキンとはポリウレタンやシリコンといった樹脂でできている素材のことです。
皮膚とよく似ていますね。

使い方は皮膚らしさを必要とする『分け目』だけに使用します。
スキンベースのメリットは皮膚っぽさが出せるということですが、デメリットとしては毛が抜けやすいことや通気性が悪いということがあります。
通気性が悪いために蒸れてしまうので、『分け目』だけに使用することが大半ですね。

貼り付けるタイプのベース

最近とても注目されているのがこの貼り付けるタイプのベースですね。
CMなどでもやってますよね。

とても薄いネット・スキンベースで出来ているので主に『生え際』『髪の薄いところ』に使用します。
見た目は自然さが売りな部分もありますから、皮膚とベースの境目が目立たないのでとっても自然ですよ。
ただ通気性はやはり良くないですね。

この貼り付けるタイプはメーカーによって違いはありますが、使い捨てで6ヶ月~1年間使用できるものもあります。

▶スポンサーリンク
女性用かつらの値段ってどのくらい?
かつら・ウィッグ業界から見るかつらメーカーは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

女性用かつらの値段ってどのくらい?
かつら・ウィッグ業界から見るかつらメーカーは?

関連記事一覧

子どものヘアカタログ

最近では子どものヘアカタログがあるのをご存知ですか? 昔は男の子は丸坊主、女の子はオカッパでしたよね、相当古いですが。 男の子はバリカンで、...

シャンプー&シャンプー選び

最近ではシャンプーの種類がたくさんありすぎて、どの商品を買おうか迷ってしまいますよね。 特に、薄毛や頭皮の湿疹、かゆみといった症状が気になる...

海外ヘアカタログ事情

日本のヘアカタログは書店や美容院に行くと目にすることができますよね。 ただ海外のヘアカタログとなると事情が違ってきます。 海外のヘアスタイル...

髪を傷めないカラーってあるの?

髪を染めたいけど傷むからと断念した経験はありませんか? また、カラーリングをした後に髪がパサついてしまったという経験もあるのではないでしょう...

髪をまとめてみよう!これが簡単!!

髪をまとめるときって結構、人前に出ることが多いときじゃないでしょうか? 結婚式やパーティ、式典、イベントなどなど髪をまとめていると服装も合わ...