欧米のかつら

スポンサードリンク

日本&欧米 『かつら』に対する違いって何?!

『かつら』や『ウィッグ』と聞くとなんだか恥ずかしい...という人が多いですよね。

 

また隠れて使用している人が大半なのではないでしょうか。

 

しかしこれって欧米ではどうなんでしょうね。

 

日本人は『かつら・ウィッグ』に対して少し抵抗がありますが、薄毛や脱毛を深刻に考えているからこそ抵抗があっても使用すること人が多いですよね。

 

しかし欧米ではなんと日本と全くの反対なのです!

 

スポンサードリンク

なぜならウィッグを使わないときはポケットに軽くしまう...日本では考えられないくらい欧米では『かつら・ウィッグ』に対してオープンなんです!

 

また欧米の『かつら・ウィッグ』は日本に比べると寿命が短いです。

 

欧米の『かつら・ウィッグ』は試用期間が数ヶ月で日本に比べると短いですよね。

 

日本の『かつら・ウィッグ』はその分、高値でもありますが...。

 

日本の『かつら・ウィッグ』の基本的寿命は3年前後と言われています。

 

個人差がありますが、丁寧に扱ったり修理をすれば約4.5年は使えますよ。

 

また、欧米の『かつら・ウイッグ』は1ヶ月間付けっぱなしなんです!

 

欧米ではこういう使い方が一般的なんですが、日本の『かつら・ウィッグ』は着脱が出来てお手入れができまるのが一般的ですよね。

 

こんなにも日本と欧米で『かつら・ウィッグ』に対して違いがあるなんて驚きますよね。

 

せっかく購入するのであれば寿命が少しでも長い方がいいですよね。

 

寿命の短い『かつら・ウィッグ』はスキンベースがとても薄く、接着剤で貼り付けるタイプの商品は寿命が比較的短いですね。

 

2週間ほど付けたままで使用するので頭皮にはかなり悪影響です。

 

しかし見た目を重視するのであればこのタイプはとっても自然な感じなんです。

 

またこのタイプは数ヶ月しか使用できませんから料金は低い...悩みますよね。

 

どこを重視して『かつら・ウィッグ』を選ぶのかでかなり違ってきます。

 

どんなタイプの『かつら・ウィッグ』がいいのか、メリット&デメリットなどもよく調べて自分で納得してから購入し使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

人毛と人工毛の違いって何?
『かつら・ウィッグ』の人毛と人工毛ってどう違うのかを解説したページです。
部分カツラと全カツラってどう違うの?
部分かつら&全かつらの違いって何でしょう。この2つのかつらについて解説したページです。