かつらを大切に

スポンサードリンク

かつら・ウィッグの傷みを軽減させるために

かつらやウィッグは使用していればもちろん傷みます。

 

また使わずに置いていてもお手入れをしなければ傷んでしまいます。

 

正しいをお手入れをすればカツラやウィッグの傷みも軽減できるのではないでしょうか。

 

そこでカツラ・ウィッグの傷みを軽減するにはどうしたらよいのか紹介しましょう。

 

スポンサードリンク
  • ベースの傷み

    ベースはカツラの裏側にあるネットベースというツルツルのところを言います。
    ベースは樹脂でできており、カツラを頭に固定するために接着剤や両面テープを貼るときに使う場所なのです。
    新しいときはベースがツルツルの状態ですが、使用していくと水分が抜け剥がれやひび割れといった症状が起こります。
    ベースの汚れは傷みになってしまいますから長持ちさせるためにも汚れは残さないようにするのが長持ちさせるコツですね。
    カツラを使用した日は必ず固く絞ったタオルで汗や皮脂、汚れを拭き取りましょう。
    アルコールは乾燥の原因になりますから使用しないようにしましょう。

  •  

  • シャンプーの仕方&選び方

    シャンプーは洗浄力の高いものは避けましょう。カツラメーカー推奨品のシャンプーがオススメですよ。
    少し値段は高くなってしまいますが早く傷んでしまえばそれこそ出費が嵩みますよね。
    そう考えるとシャンプーにお金をかけても高いものではありませんね。
    またシャンプーをするときには自毛を洗うように優しく丁寧に洗いましょう。
    シャンプー前にお湯に浸して汚れを浮かせてから洗うとキレイになりますよ。
    シャンプーの後はすすぎです。
    すすぎのときにはすすぎ残しの無いようにしっかりすすぎましょう。
    すすぎ残しは傷みの原因となります。
    すすぎが終われば乾燥です。基本は天日干しが良いのですが、天日干しは時間がかかり雑菌が繁殖しやすくニオイの原因となってしまいます。
    タオルで優しく水分を吸い取ったおとはドライヤーの冷風で乾かしましょう。

  •  

  • 人工毛かつら・ウィッグの注意

    人工毛は熱に弱いので水でシャンプーをし冷風で乾燥させましょう。
    人毛以外の場合は銭湯や温泉、サウナは避けましょう。
    人工毛は人毛に比べてセットの必要がありません。
    裏のベースを乾いたタオルでよく拭き取り、軽く乾かせばOKですよ。

 

以上のようにシャンプーの仕方などを紹介しましたが、髪質によって異なる点がありますから必ず確認してからにしましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

女性用かつらの正しいお手入れ
女性用『かつら』の正しいお手入れについて紹介しましょう。
女性用かつら・ウィッグの修理
女性用かつら・ウィッグを修理したいけれど...どうしたらいいの?という疑問について解説いたします。
女性用かつら・ウィッグのシャンプー&トリートメント方法
女性用かつら・ウィッグのシャンプー&トリートメントきちんとしていますか?長持ちさせるためのシャンプーとトリートメント方法をご紹介しています。
かつら・ウィッグの乾かし方
女性用かつら・ウィッグの人毛&人工毛によって乾燥の仕方が違います。正しく乾燥させて大切に使いましょう。
女性カツラ・ウィッグを長持ちさせたい!
カツラ・ウィッグを長持ちさせる方法があるのです!正しいお手入れで大切に使いましょう。
女性用かつら・種類別のお手入れ方法
女性用かつらの種類によってお手入れ方法が違うのをご存知ですか?
女性用かつら・ウィッグの毛が抜ける原因
どうしてカツラやウィッグの毛が抜け落ちてしまうのでしょうか。その抜け毛を防ぎましょう。
ウィッグのスタイリング方法
女性用かつら・ウィッグのスタイリング方法をマスターしましょう。