かつらのお手入れ

スポンサードリンク

女性用かつらの正しいお手入れ

女性用かつらはきちんとお手入れをすると長持ちするのです。

 

自分に合わせて作った女性用かつらはそんなに安いものではありません。

 

少しでも長持ちさせるためにも正しいお手入れを紹介しましょう。

 

スポンサードリンク
  1. シャンプー

    女性用かつらってシャンプーするの?という人もいると思いますが、シャンプーは最低でも週に1〜2回は洗いましょう。
    しかし毎日洗うと寿命が縮まってしまうこともありますから注意しましょう。

  2.  

  3. シャンプーの仕方
    • 『かつら』が乾いた状態でブラッシングをします。
    • 容器にぬるま湯を入れ『かつら』の毛先をブラッシングしながらぬるま湯に濡らしていきます。このときのお湯の温度は38℃を目安にして下さい。また、人工毛の場合は水で洗髪しましょう。
    • お湯の中にシャンプーを入れ、シャンプーを溶きます。
    • 擦らずに毛の流れに沿って粗めのクシでブラッシングするようにしましょう。自分の髪をシャンプーする感じでしてしまうと縺れや傷みの原因となってしまいますから注意して下さい。
    • 毛の流れに沿ってシャンプーをすすぎます。このときに『かつら』のベースもキレイに洗い流して、シャンプーが残らないようにしましょう。
    • 容器にリンスを溶きます。人工毛の場合は選択柔軟材を使用します。
    • 『かつら』をリンスの溶いた容器の中に2分ほど浸しましょう。
    • シャンプーと同じように毛の流れに沿ってリンスを洗い流します。
    • 『かつら』をタオルで包み、たたくようにして水気を切りましょう。
    • ドライヤーで乾かすのですが冷風で完全に乾かして下さい。マイナスイオンの出るドライヤーはオススメですね。

    以上がシャンプーの仕方ですが、初めて『かつら』をシャンプーする場合や、『パーマのかかっているかつら』の場合はシャンプーを溶かした容器の中に『かつら』を入れ20分ほど浸けておきましょう。
    すすぎは上の手順どおりでOKです。

  4.  

  5. 乾かし方

    『かつら』をタオルで包み、たたくようにして水気を切りましょう。自分の髪を乾かすときと同じようにゴシゴシすると傷みの原因となってしまいますので注意しましょう。
    ※注意※
    『人工毛かつら』の場合は裏(ベース)いわいる地肌に当たる部分ですが、ここを乾いたタオルで拭いたら目の粗いクシで毛先から丁寧にブラッシングして下さい。それからドライヤーの冷風で完全に乾かしましょう。よく乾かすには日陰干しといわれていますが、自然乾燥させるまでに時間がかかり『かつら』の中にバクテリアが繁殖し臭くなってしまうことがあります。さらにセットもしずらくなってしまいますのでドライヤーの冷風で乾かすことをオススメします。

  6.  

  7. 日々のお手入れ

    目の粗いクシで全体的にブラッシングし、ベースの内側を硬く絞ったタオルできれいに拭きましょう。
    このときに顔にかかる部分の髪の毛も一緒に拭き、できれば内側全体も拭いておきましょう。
    『かつら』の一部分だけではなく全体に専用のトリートメント剤を軽くスプレーしブラッシングしましょう。

 

毎日のことを考えると手間だなぁと思う人も多いでしょう。

 

しかし毎日のお手入れで『かつら』が長持ちするのなら苦じゃないですよね。

 

また『かつら』を使用した日は必ずお手入れをしてあげましょう。

スポンサードリンク

関連ページ

女性用かつら・ウィッグの修理
女性用かつら・ウィッグを修理したいけれど...どうしたらいいの?という疑問について解説いたします。
女性用かつら・ウィッグのシャンプー&トリートメント方法
女性用かつら・ウィッグのシャンプー&トリートメントきちんとしていますか?長持ちさせるためのシャンプーとトリートメント方法をご紹介しています。
かつら・ウィッグの乾かし方
女性用かつら・ウィッグの人毛&人工毛によって乾燥の仕方が違います。正しく乾燥させて大切に使いましょう。
女性カツラ・ウィッグを長持ちさせたい!
カツラ・ウィッグを長持ちさせる方法があるのです!正しいお手入れで大切に使いましょう。
かつら・ウィッグの傷みを軽減させるために
カツラやウィッグが傷まないようにするための極意を紹介します!
女性用かつら・種類別のお手入れ方法
女性用かつらの種類によってお手入れ方法が違うのをご存知ですか?
女性用かつら・ウィッグの毛が抜ける原因
どうしてカツラやウィッグの毛が抜け落ちてしまうのでしょうか。その抜け毛を防ぎましょう。
ウィッグのスタイリング方法
女性用かつら・ウィッグのスタイリング方法をマスターしましょう。