抗がん剤治療による抜け毛

スポンサードリンク

抗がん剤治療とカツラの関係

抗がん剤の治療でカツラを必要とすることが多いようです。

 

まずは抗がん剤治療についてまとめてみましたので紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

がん治療の種類

ガン治療法には放射線治療、外科療法(手術)、化学療法、ホルモン療法の薬による療法などがあります。
ガンが発生した場所や進行具合やほかの病があるかどうかなどを考慮し、どの治療法をするのかを決めていきます。

 

抗がん剤治療の副作用によって脱毛してしまう理由

抗がん剤はガン細胞だけでなく分裂の速い細胞を退治するために開発されているのです。
ということは、体の中にあるガン細胞よりも速い細胞が狙われた場合はもちろんダメージを受けてしまいます。
ガン細胞よりも分裂の速い細胞は血液細胞、口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などです。
大量の抗がん剤を使用すると脱毛してしまうのは副作用ということになります。

 

抗がん剤治療をし始めて約2〜3週間後に髪の抜け毛が目立つようになり、眉毛、まつ毛、体毛なども抜けてしまいます。

 

抗がん剤治療が終了すれば約3〜6ヶ月くらいで生えてきます。

 

抗がん剤治療をしてもこれらの副作用が出ない人もいます。

 

しかし抗がん剤治療を始めた日から体の変化に気がつくでしょう。

 

生活上で気を付けたり工夫できることもあります。

 

シャンプーを低刺激なものに変え、やさしく洗髪をします。

 

またブラシは硬いものから柔らかいブラシにしましょう。

 

ドライヤーを使用する場合はドライヤーの温度は低めに設定しておきます。

 

髪は刺激を受けやすいのでやさしく扱うことを心掛けましょう。

 

また必要に応じてカツラや帽子、バンダナなどを用意してもいいですね。

スポンサードリンク

関連ページ

医療用かつら・ウィッグについて
医療用かつら・ウィッグについて紹介しましょう。
女性向け医療用かつら
医療用カツラってどんなときに使うといいのかしら?そんな疑問にお答えします。
医療用ウィッグの疑問
女性用医療用ウィッグについてよくある質問をまとめてみました!疑問を解決して早速試してみてくださいね。