カラーの注意点

髪を傷めないカラーの仕方

髪を染めたいけど傷むから...と断念した経験はありませんか?

 

また、カラーリングをした後に髪がパサついてしまった...という経験もあるのではないでしょうか?

 

せっかく髪をカラーリングしても髪が傷んでしまってツヤのないヘアスタイルになってしまっては意味がありません。

スポンサードリンク

髪が傷まないカラーリングってあるのでしょうか。

 

まずカラーリングとカラーの違いについてあげてみましょう。

1 カラーリング
カラーリングとは簡単に言うと【染める】ということになります。
カラーリングにはアルカリ性と酸性があります。
脱色し色を明るくするときに使用するのはアルカリ性なのです。
このカラーに中に、ハイライトやメッシュといった部分的に染めることも【染める】ことと同じです。
ですから、髪を部分的、全体的に染めることをカラーリングというのです。
また、髪の色を重視するのであればカラーリングとなり、自然な感じを出したいという場合はハイライトがオススメですね。

 

2 カラー
カラーは酸性です。カラーはヘアマニキュアのことを指します。
ヘアマニキュアは髪にとって全くダメージを与えません。
ヘアマニキュアは髪の毛に色をのせるということになります。
ですからしっかりと髪色を変えたいのであれば、ヘアマニキュアは期待ができませんよ。
ヘアマニキュアの場合は色に変化があまり見られません。
ヘアマニキュアって一体どういうときに使うの?となってしまいますが、コーティングと考えていいでしょう。
ヘアマニキュアはツヤ出し効果があります。
アルカリ性のカラーで好みの色にカラーリングした後、トリートメントとして透明のマニキュアをすると髪には効果的です。

 

せっかくカラーリングをしてもすぐに髪の色が変化してしまうのは悲しいですよね。

 

カラーリングも意外と高くつきますからカラーリングを長持ちさせたいものです。

 

長持ちさせる方法として頭に入れておくといいでしょう。

スポンサードリンク

髪を傷めないカラーの仕方関連ページ

髪のパサつき何とかしたい!
シャンプーやコンディショナーだけでなく、トリートメントを活用してパサつく髪ともサヨナラしましょう。
ワックスの髪への上手な使い方
ヘアワックスの上手な使い方のポイントは使う量です。量を間違えると大失敗をしますよ!!
髪がベタつかないワックス?!
髪をいたわりながらベタつかない、そんなワックスの効果的な使い方をご紹介しています。
自分で髪をカットしたい!
自分でヘアカットするトキのポイントをまとめています。髪の毛が傷まないように注意してカットしましょう。
自分で髪を染める時のポイント
自分で髪を染めるならダメージの少ないカラーリング剤を使用しましょう。 染めた後のケアも忘れずに!
ヘナ(HENNA)で髪染め
自然な毛染めの仕上がりを求めている人はヘナがオススメですよ。