ヘアワックスの使い方

ワックスの髪への上手な使い方

髪をスタイリングするときに使用するワックスって使い方を間違えるとベタベタになってしまいますよね。

 

ワックスを使うと髪に動きが出てステキなヘアスタイルになります。

スポンサードリンク

ロングでもミディアム、ショートでもワックスをつけすぎるのはNGですね。

 

ワックスは基本的に髪の根元や毛先につけないようにしましょう。

ワックスの適量は小豆1粒分くらいの1.5倍から2倍が目安です。

 

適量のワックスを手のひらで白くなるまで伸ばすことが大きなポイントです。

 

ワックスの付け方ですが、髪全体になでまわすような感じで馴染ませます。

 

ワックスは髪の根元に付け過ぎるとボリュームがなくなってしまいますから注意しましょう。

 

ワックスを付ける順番として後頭部から前に付けて行き最後は毛先をつまむように付けていきます。

 

髪を流すように手ぐしでしましょう。

 

ロングやミディアムの人は後頭部の髪を握るような感じで立たせるとバランスよく仕上がりますよ。

 

ショートの人は髪をゴシゴシするようにワックスを付け、最後に毛先をつまむようにし動きを出してみるといいいですね。

 

髪の毛の量に関わらずワックスは付け過ぎるとスタイリングを失敗してしてしまいます。

 

ワックスは少しずつ付けていくようにするとスタイリングがキレイに仕上がるコツですね。

スポンサードリンク

ワックスの髪への上手な使い方関連ページ

髪のパサつき何とかしたい!
シャンプーやコンディショナーだけでなく、トリートメントを活用してパサつく髪ともサヨナラしましょう。
髪を傷めないカラーの仕方
カラーでパサついた髪をなんとかしたい! カラーを少しでも長持ちさせたいと思ったときのためにカラーリングの注意点をまとめています。
髪がベタつかないワックス?!
髪をいたわりながらベタつかない、そんなワックスの効果的な使い方をご紹介しています。
自分で髪をカットしたい!
自分でヘアカットするトキのポイントをまとめています。髪の毛が傷まないように注意してカットしましょう。
自分で髪を染める時のポイント
自分で髪を染めるならダメージの少ないカラーリング剤を使用しましょう。 染めた後のケアも忘れずに!
ヘナ(HENNA)で髪染め
自然な毛染めの仕上がりを求めている人はヘナがオススメですよ。