自分で染め毛

自分で髪を染める時のポイント

ドラッグストアや薬店には色々なカラーリング剤がありますね。

 

でも髪の色が本当に自分のイメージしている色になるのか、また髪質にあっているのか心配に思う人は多いでしょう。

 

自宅で手軽にカラーリングすることはとっても魅力的なんですが、失敗するとムラになったりバサバサの髪になってしまったりと心配が多いのも事実ですね。

スポンサードリンク

その不安を解消するためのコツを紹介しましょう。
これで自分でカラーリングもばっちりですよ。

  1. カラーロング剤をつけすぎないこと

    髪の色は濡れているときと乾いているときでは全く違います。

    色が足らないと思ってどんどんカラーリング剤を足していくと乾かしたときにとんでもないことがまっていますよ。
  2. 時間と分量

    説明書を見ない、という人ほど失敗をしてしまいます。

    カラーリング剤をつけ数分間置いて下さい、と書かれています。

    この指定された時間以上に置いてもカラーは進行しませんので、長く置いたからきれいに染まるという考えは間違いです。

    同じく分量も、たくさん付けたからといってキレイに仕上がるということではありません。

 

髪全体を染める場合はOKなのですがメッシュや表面だけカラーリングしたいという人は後ろの髪に注意しましょう。

 

また茶髪にしたいという人は必ずムラチェック。
なかなか後ろの方はわかりにくいと思いますが頑張ってください。
カラーリング剤を生え際から毛先という順番でつけていくとキレイな仕上がります。
一度挑戦してみて下さいね。

 

またブリーチとマニキュアとカラーリングは違いますからね。
それぞれの特徴を紹介しましょう。

 

  1. ブリーチ

    ブリーチは髪の色素を抜くもので、髪質が硬くて量の多い人に向いてます。
  2. マニキュア

    マニキュアは髪の表面に色をコーティングするもので、髪が柔らかくコシの無い髪質の人に向いています。
  3. カラーリング

    カラーリングは髪全体を染めるもので、仕上がりの様子を見ながらやりましょうね。

スポンサードリンク

自分で髪を染める時のポイント関連ページ

髪のパサつき何とかしたい!
シャンプーやコンディショナーだけでなく、トリートメントを活用してパサつく髪ともサヨナラしましょう。
髪を傷めないカラーの仕方
カラーでパサついた髪をなんとかしたい! カラーを少しでも長持ちさせたいと思ったときのためにカラーリングの注意点をまとめています。
ワックスの髪への上手な使い方
ヘアワックスの上手な使い方のポイントは使う量です。量を間違えると大失敗をしますよ!!
髪がベタつかないワックス?!
髪をいたわりながらベタつかない、そんなワックスの効果的な使い方をご紹介しています。
自分で髪をカットしたい!
自分でヘアカットするトキのポイントをまとめています。髪の毛が傷まないように注意してカットしましょう。
ヘナ(HENNA)で髪染め
自然な毛染めの仕上がりを求めている人はヘナがオススメですよ。