自分でヘアカット

自分で髪をカットしたい!

髪を切りたいけれど前髪だけのカットなら自分でしよう!とか髪を揃える程度なら自分でカットしてもOKだろう!なんて意気込んだのは良いけれど...

 

結果、ガタガタな仕上がりになってしまったという経験ありませんか?

スポンサードリンク

髪をカットするには自分出来ないわけではありません。

 

しかしコツも要りますし、カットの仕方やハサミといったことで仕上がりがかわってくるのです。

ロングヘアの人は髪が長いので比較的、自分でカットすることは簡単です。

 

なぜなら髪を持ち上げてカットすることができるからです。

 

レイヤースタイルの場合は斜めに持ち上げてから髪をカットすると上手くラインが繋がります。レイヤースタイルは特例です。

 

長さを変えずにスイていくというヘアスタイルは結構難しいですよ。

 

カットの方法よりもスキ方が重要なんです。

 

髪の長さをカットしたいときにはカットバサミを使用します。

 

髪の長さはそのままで髪の量を減らしたい場合はスキバサミを使用します。

 

長さなのか量を減らしたいのか、きちんと道具の使い分けができていないと大失敗になってしまいます。

 

髪のことを考えるのであればカットに使うハサミは安物は避けた方がいいでしょう。

 

刃が悪いと枝毛や切れ毛の原因となります。

 

スキバサミはクシの幅が広がったり、クシ同士の間隔が狭いと髪が潰れてしまいます。

 

ですからハサミは髪のことを考えるのであれば安すぎず高すぎず...のハサミを選ぶの方がいいでしょうね。

 

もしわからない場合は店員さんに相談すると見合ったハサミを選んでくれるでしょう。

 

髪を自分でカットするコツは髪に沿って縦にカットすると自然な仕上がりとなります。

 

自分でカットするにはハサミも重要ですがそれなりに技もいりますね。

スポンサードリンク

自分で髪をカットしたい!関連ページ

髪のパサつき何とかしたい!
シャンプーやコンディショナーだけでなく、トリートメントを活用してパサつく髪ともサヨナラしましょう。
髪を傷めないカラーの仕方
カラーでパサついた髪をなんとかしたい! カラーを少しでも長持ちさせたいと思ったときのためにカラーリングの注意点をまとめています。
ワックスの髪への上手な使い方
ヘアワックスの上手な使い方のポイントは使う量です。量を間違えると大失敗をしますよ!!
髪がベタつかないワックス?!
髪をいたわりながらベタつかない、そんなワックスの効果的な使い方をご紹介しています。
自分で髪を染める時のポイント
自分で髪を染めるならダメージの少ないカラーリング剤を使用しましょう。 染めた後のケアも忘れずに!
ヘナ(HENNA)で髪染め
自然な毛染めの仕上がりを求めている人はヘナがオススメですよ。